みんな知ってた?星野源の人生を変えた出来事

2度目の手術は医師から「やりたくないです」とまでいわれるほど、

 

難易度の高い手術だったが、手術は成功

 

そんな大病を患う前に書いた「化物」は

 

急に無常感に襲わたときの、心の叫びを

 

誰か この声を聴いてよ 今も高鳴る体中で響く

 

叫び狂う音が明日を連れてきて 奈落の底から

 

化けた僕をせりあげてく」との歌詞で

 

僕のことをわかってくれ!」との主張が歌詞からにじみ出ている

 

だが、大病を患い、完治した頃に出したシングル「SUN」では

 

baby壊れそうな夜が明けて 空は晴れたよう

 

ready頬には小川流れ 鳥は歌い 

 

何か楽しいことが起きるような

 

幻想が弾ける 君の声を聞かせて 

 

雲をよけ世界を照らすような

 

君の声を聞かせて 遠い所も雨の中も

 

 すべては思い通り

 

との歌詞で、明らかに「化物」の歌詞より、つらい時期を乗り越え、

 

清々しい気持ちになっているのが前面に出ている

SUNの誕生秘話

歌詞の内容は、難しいものではなく、わかりやすく明るいものがいい。

 

意味がないほど明るい、意味不明なほど明るい。

 

この世界で一番明るいものは何だろう?

 

、、、

 

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事