芸能人も実践!引き寄せの法則で成功した人たち

芸能人も実践!引き寄せの法則で成功した人たち

以前、「ザ・シークレット」という、引き寄せの法則というものを

題材に大ベストセラーを記録した本がありましたが、

実際にこちらの方法を実践して成功を収めた芸能人まとめです

そもそも引き寄せの法則とは、、、

 

1 望む未来を明確にして「思考の舵」を決める

2 できるだけ、望む未来を具体的に想像して「感情」を高める

3 感情を高めることで「行動力」があがる

4 夢がかなう

 

という方法

コツとしては、○○になりたいと思い続けるのではなく、○○になりましたと

過去形にすること

つまり、芸能界入りしてない人が、「芸能界に、はいれました」と思考し続ける

過去形にすることで、理想の自分になったことを想像することで、行動力が変わると私は解釈しています

長くなりましたが

実際にこの方法を実行した方々を紹介

フィギュアスケート 羽生結弦

羽生結弦選手はソチオリンピック前から、金メダルの画像を眺め続け

その結果、金メダルの獲得へ成功

日本テレビのインタビューにて、

オリンピックには魔物がいるといわれていましたが、「本当の魔物は自分の中にいた」ことが

よくわかりました」と回答

金メダル獲得したイメージを持ち続ける努力がみえますね

 

本田圭佑 (サッカー日本代表)

本田選手は小学校6年生の時の卒業文で

僕は大人になったら、世界一のサッカー選手になりたい。というよりなる」と書く

さらに具体的に

セリエAに入団して40億稼ぎ、プーマと契約して背番号10になる」など、具体的に書いていた

 

この「なりたい。というよりなる」という断言は、引き寄せの法則で重要と言われている

 

香川真司(サッカー日本代表)

 

 

 

香川真司選手も小学校の卒業文で「背番号10番でハーフのセンター ワールドサッカーにでる

と具体的に書いていたそう

 

 

イチロー (野球選手)

 

イチロー選手は小学校の卒業文に「プロ野球選手になる」と宣言

プロ野球選手になったときは、中日ドラゴンズか、西武ライオンズにドラフト入団して、

年棒1億円になることもその時の卒業文に記載していた

 

石川遼(プロゴルファー)

石川遼選手は小学校の卒業文で、具体的に「2年後の中学校2年で日本アマチュア出場」

「3年後の中学校3年生で日本アマチュアベスト8」「4年後の高校一年生で日本アマチュア優勝」

「6年後の高校三年生で日本最大のトーナメントで勝つ」

書いていた

スポーツ選手はなりたい自分になるため、具体的に小学校の頃から卒業文に記載していたんですね

芸能人では

ほかにも

 

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事