スターウォーズエピソード1でアナキン役だった子役がヤバい

スターウォーズエピソード1でアナキン役だった子役がヤバい

1999年にスターウォーズエピソード1/ファントムメナスで

アナキンスカイウォーカーの幼き時を演じた

ジェイクロイド

 

彼は現在

統合失調症」を患っているらしい

統合失調症とは、思考や行動、感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力、

すなわち統合する能力が長期間にわたって低下し、その経過中にある種の

幻覚、妄想、ひどくまとまりのない行動がみられる精神病

能力の低下は多くの場合、うつや引きこもり、適応障害などにみられるものと

区別しにくいことがあり、確定診断は幻覚、妄想などの症状によって診断される

 

 

 

過去に人気作品に参加した彼は

スターウォーズに出演をしたことで、人生がガラッと

闇の中(ダークサイド)に入ってしまったとのこと

ジェイクロイドは「スターウォーズ」に出演してから、自身の生活が「キチガイ沙汰」

だったと振り返り「生き地獄」と化した

ほかの子供たちは僕にとても意地悪だったよ。

僕のことを見るたびにライトセーバーの

音をまねしてきたもんさ。すごくひどかったね

 

学校生活はとにかく生き地獄だったよ。それに1日に60ものインタビューを

受けなくちゃならなかったしね」

と話しており、スターウォーズ出演は思い出したくない黒歴史で

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事