スマートフォン礎 初代iphoneにスマホ世代の子供たちが触れ思ったこと

スマートフォン礎 初代iphoneにスマホ世代の子供たちが触れ思ったこと

2007年にiphoneが登場してから10年が経過。

 

当時生まれた子供たちは、生まれながらにしてスマートフォン世代

 

そんな子供たちは全てのスマートフォンの礎とも言える初代iPhoneを見て、

子供たちが口を揃えて語るのは「フロントカメラはどこ?」という疑問です。

 

出典:http://ichitaso.com

 

デザインを見てわかる通り、当時、自撮り用カメラはついていない

 

自撮り用のためのカメラ(FaceTimeカメラ)は、iPhone4以降なので

 

初代iphone にはついてないんです

 

そのため、メインカメラと向き合って、ディスプレイのカメラボタンに

 

手を回さなければいけないことに驚きを隠せない様子でした

 

ボリュームボタンをシャッターボタンとして使えるようになるのは、

 

初代iphone発売から4年後の2011年のiOS5以降です。
 
さらに、カメラで動画も撮影できず(できるようになるのはiPhone3GS以降)。

 

「当時は良かったんだろうけど、今はね……」

「重い」

「不安定」

 

と、良い評価を下す子供はさすがに一人もいません。

 

しかし、この初代iPhoneのデザインこそが、後のスマートフォンの

 

あり方を方向づけたのも事実です。
 

 

そんな初代iphoneは、、、

 

次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事