夏場対策!節電しつつ、上手にエアコンを使う方法

夏場の電気代の6割を占めるというエアコン

 

その為、普段と比べると、電気代が跳ね上がるのはこの為です

 

しかし、ちょっとの工夫で、節電しつつ、効率よくエアコンを使える方法があるんです

 

窓を開けて換気する

外出から帰ってきて、自宅に入った瞬間、熱気がこもって「モワァー」

 

っとした空気で嫌な思いをした方も多いのではないでしょうか?

 

熱気がこもった状態で、エアコンをつけると、まず、この熱気を

 

冷やすために、電気代がかかってしまいます

 

その為、まずは、エアコンをつける前に、

 

室内の熱気を窓を開けて追い出し、

 

それから、エアコンをつけると、無駄な電気代を削減できます

 

設定温度と、除湿、冷房の上手な使い分け

 

梅雨などの「湿度が高くて嫌な日」は除湿運転

 

30℃以上の真夏日には「冷房」が効果的

 

そして、冷房の設定温度は27~28℃に設定するのが、理想的

 

これを行うだけで、電気代10パーセント節約できるとか

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事