堀江貴文(ホリエモン)が語る。〇〇が口癖の人は一生ダメ その口癖とは、、、? | 芸能・雑学.com

堀江貴文(ホリエモン)が語る。〇〇が口癖の人は一生ダメ その口癖とは、、、?

堀江貴文(ホリエモン)が語る。〇〇が口癖の人は一生ダメ その口癖とは、、、?

いつでも「本音」で語り、やりたいことを凄い勢いで成し遂げてきた

 

ホリエモン氏に、その生き方について聞いた。

 

高校を卒業してすぐ会社を設立 ホリエモンも絶賛する実業家・本田圭佑のビジネスセンスとは・・・? 日本代表メンバーとして活躍されている本田圭佑選手 出典:http://w

    本音で生きるために必要なことは、3つあると思っている。

 

1つは、「言い訳」しないこと

2つめは、「バランス」をとろうとしないこと

3つめは、「自意識」と「プライド」を捨てること

少し概要を述べてみたい。 

 

①「言い訳」をやめる

本音で生きるために、まずやるべきは、「言い訳をしない」ということである。

僕はメルマガを含め、人から相談を受けることも多いが、せっかく答えても、「でも○○だから、それはできないんです」と言われることがかなりある。

その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。

たとえば、「お金がないからできない」という言い訳。

いまや熱意とやる気があれば、お金や人を集めることは不可能ではない。

たとえば、クマムシ研究家の堀川大樹さんは、有料メルマガ、LINEスタンプなどをつくって、自分自身で研究資金を稼ぎ、自分のやりたい研究を自由にできる環境を作り上げている。

そもそも疑問に思うのだが、「お金がないからできない」と言っている人は、いったいいくらのお金があればできるのだろうか。

お金が問題ではない人も多いように感じるのだが。

「時間がないからできない」という人もよくいるが、成功する人には時間があって、成功しない人には時間がない、なんてことは当然ながら、ない。

「時間がない」というのは、「それを始めると今やっている何かをやめなければならないが、それができない」ということなのだろう。

しかし、世の中はトレードオフだ。時間がないなら、どちらかに決めなければならない。

むしろ、「何かをはじめるなら、何かを捨てなければいけない」ということは、当たり前のことだと知っておくことだ。

「自分には才能がないから」といって、行動しない人もいる。

しかし、どんな功績を挙げた人でも、その人の努力によるところが、ないはずがない。

僕だって、才能があるかどうかといったら、別にそこまですごい才能があるとは思わない。

結局、「自分は凡人だから」と言ってしまった時点で、「自分は今のままでいい」「努力したくない」と言っているようなものなのだ。

そもそも、才能なんて、やってみないと、自分にあるかないかなんてわからないのではないだろうか。

それなのに、やってもいないのに「才能がない」とうのはまったくの勘違いだと思う。

「でも」「でも」と言い訳を積み重ねてきた上に、今の自分がいる。

「でも」という縛りをとってあげるだけで、もっと自由に行動を起こしていけるのではないだろうか。

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事