【懐かしい!】伝説の霊能者「宜保愛子」をあえて振り返ってみた・・そして現在は

【懐かしい!】伝説の霊能者「宜保愛子」をあえて振り返ってみた

冝保愛子さんとは・・・・?

4歳のとき、弟に落とされた火箸が左目に落ち失明寸前となる本人によれば、6歳頃に、自分の中の霊能力を自覚したという

 

幼少時、家族からはその特異体質を非難されてた。

 

冝保愛子さんの霊能力は、右耳は難聴で聴力を失っているらしいが、

 

その右耳で霊の言葉を聞くことができた。

 

相談者の亡くなった肉親の霊と話すことによりその肉親について他人が

 

知り得ないことがらを言い当てたとされる。

 

そして、彼女の評判が有名になっていき、

 

1980年代にテレビでで稀代の霊能者として取り上げられたことで一躍注目を浴びた。

 

霊能力があるとして多数の信望者を生み1990年代前半に、霊能力関係の番組が数多く放送され、

 

人気を集めたが、1995年オウムの事件以降、

 

オカルト系番組放送が減っていき、フジテレビ系列「力の限りゴーゴゴー」が最後の番組出演となった

【衝撃】変わりすぎ 細木数子の現在の姿がヤバい・・・ 細木数子さんといえば、テレビに頻繁に出演するようになったのは、 細木数子さんが人生相談を行う特別番組で高視聴率

 

その後の冝保愛子さんは・・・・・?

次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事