ソフトバンクの生みの親孫正義さんの人生を振り返る

孫 正義(そん まさよし )とは・・・・?

日本の実業家。

ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンクグループ株式会社代表取締役社長、

ソフトバンク株式会社代表取締役会長、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。

 

そんな孫さんの人生

 

幼少期

安本正義という日本名で生活し、在日であることを隠さなければならないことが

 

大きなコンプレックスだったという

在日韓国人実業家の二男として佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落に出生。
男ばかりの4人兄弟で育った

 

 

アメリカへ

当時大学生だった孫さん。

 

シャープに自動翻訳機を売り込んで資金1億円を得る

 

その資金で米国でソフトウェア開発会社の「Unison World」を設立。

 

情報革命で人々を幸せにしたい

1981年、福岡市博多区に事務所を移し、PC卸売事業の「ユニソン・ワールド」を設立。
そして福岡県大野城市に「日本ソフトバンク」を設立。
1983年入院をきっかけに社長職を退き会長へ。
この時、お金じゃ無い、地位や名誉でもない、ばあちゃんがやっていたような、
人に喜んでもらえることに、貢献できたら幸せだ(情報革命で人々を幸せにしたい)。
おばあちゃんは、いつも、人さまのお陰だ、と言っており、
恨んだりしてはいけないとも言っている。
1986年をもって社長職に復帰した。1990年をもって日本に帰化。

 

次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事