犯行前に事前に下見。空き巣がチェックしている4つのポイント

犯行前に事前に下見。空き巣がチェックしている4つのポイント

空き巣は、ほとんどの場合、ターゲットにした住宅を

 

事前に下見するケースが多く

 

「侵入しやすいか?」

 

「逃げやすいか?」

 

「留守の時間はいつか?」

 

「周辺環境は?」

 

など、様々な下見を行います

 

空き巣が下見をする際にチェックするポイントを掘り下げていきましょう

 

①侵入しやすい住宅か?

空き巣の被害にあいやすい住宅の特徴として

「死角になるものがある」

 

「足場になるモノがある」

 

「犬がいるかいないか?」

 

もチェックのポイントとなるようです

 

②逃げやすい環境か?

人通りがおおかったり、駅に近いなど、人目につきやすい建物

 

ターゲットの住宅のそばで、立ち話をしている人がいる等があると

 

空き巣被害が低くなる傾向にあります

 

③留守の時間の確認

2016年度でもっとも、使われたパスワード(逆を言えば、超危険なパスワード一覧) 昨今、様々なサイトやアプリで、ユーザー登録時、必ず合わせて登録を行うのが パスワー

次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事