北朝鮮のミサイルを受けて、核シェルターの発注が増加している

北朝鮮のミサイルを受けて、核シェルターの発注が増加している

日本ではほとんど普及していない家庭用の核シェルターが、にわかに注目を集めている。

 

夏以降、米国のメーカーや国内の取扱業者には、前例のない勢いで注文や問い合わせが舞い込む。

 

北朝鮮によるミサイル発射が相次ぎ、脅威を現実的に捉える人たちが増えたことが背景にある。(野上英文)

「北朝鮮からの攻撃が心配だ。家族を守りたい」

米テキサス州のシェルター製造販売会社ライジング・Sには夏以降、こんな電話が1日数本は必ず入る。

 

大半は日本人や日本に家族がいる日系米国人からだ。

2年前にはゼロだった日本向けの注文が、昨年は6件、今年は100件以上と急増した。

 

うち71件の受注は7~8月の2カ月間に集中。

 

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)や、北海道上空を通過する弾道ミサイルなどを発射した時期と重なる。

「北朝鮮の標的となることを本気で心配する日本人が増えている。

 

この商売を14年やっているが、こんなブームは初めて」。

 

総支配人のゲーリー・リンチさん(45)は驚きを隠さない。

販売するシェルターは地下に埋める鋼鉄製の箱形。

 

NBC(核・生物・化学物質)災害対応の換気装置やトイレ、シャワー、台所、ベッドなどを備える。

 

高さ2・1メートルで、6畳ほどの広さの最小タイプは、価格が4万5千ドル(約500万円)。

 

米国ではブルーカラー層に人気だという。輸入や施工のための費用は別にかかる。

 

実は、核シェルターは、日本ではあまり定着しないものの

 

海外では、かなり普及している

次ページボタンへ

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com Jアラート発令!もし、ミサイルが飛んで来たら・・・・ 今、北朝鮮の問題が日々、メデ


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事