星野源さんの自身の過去と恋愛観を語る

星野源さんの自身の過去と恋愛観を語る

先日、星野源さんが出演した、「サワコの朝」で

 

自信の過去と恋愛観を語っていた

人見知りだった

源さんが執筆した本に

源さんは自身が執筆したエッセイにて

 

数年前から、人見知りだと思うことをやめた。

 

心の扉は常に鍵を開けておくようにした

 

好きな人には好きだと伝えるようにした。

 

ウザがられても、嫌われても

 

その人のことが好きなら、そう思うことを

 

やめないようにした

 

「お前ウザイよ」と言われた

 

幼いあの日から、嫌われないように

 

自分の性格を歪め

 

「そもそも人間が好きではないと思おうとしていたが、

 

僕は人が、人と接することが大好きだったのだ」

 

 

と綴っており

 

20代のころの星野は「人見知りなんで」と、よく言っていたとか。

 

「人見知り」という「便利な言葉」で言い訳し、コミュニケーションが

 

苦手という事実から目をそらしていたと説明する。

 

しかし星野の場合は、本当は「人と話すことが好き」。

 

それなのに「人見知り」と伝えることは「気を使ってください」と

 

言っていることと同じであり、コレは、相手に「すっごい失礼」「何様なんだ」

 

と感じるように。

 

 

こうして、星野は「嫌われてもいいや」と歳を重ねるに

 

つれ、思えるようになったそうだ。

 

これについて、恋をする時はどうですか?

 

との質問に源さんの恋愛観の話へ

 

星野源さんの恋愛観

次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事