Hey!Say!JUMP山田涼介のジャニーズJr時代の熾烈な下積み時代 | 芸能・雑学.com

Hey!Say!JUMP山田涼介のジャニーズJr時代の熾烈な下積み時代

Hey!Say!JUMP山田涼介のジャニーズJr時代の熾烈な下積み時代

現在大人気の山田涼介さん

そんな山田涼介さんが

 

ジャニーズjr時代の苦労話を

 

雑誌「Myojo」で語った

 

ジャニーズJr.の世界は、誰もがダンスレッスンにて

 

最後尾からスタートするという。

 

そんなジャニーズjrは現在700人から800人ほどいると言われている

 

そして、何百人が一斉に受けるダンスレッスンでは、

 

上手い人はどんどん前に進んでいき、

 

講師の近くでレッスンが受けられる。

 

Hey!Say!JUMP一番人気の山田でもマイクを持つまでにかかった時間

「マイクを持つまで2年かかりましたからね。同期が先にマイクを持つようになって、その後ろで踊るわけで。悔しかったです。マイクを持つ人はスポットライトで照らされるけど、僕は照らされない。わずかな距離なんですけど、永遠に届かない距離に思えて」

と、

Hey!Say!JUMPで一番人気の山田涼介さんですら

 

マイクを持つのに2年・・・・・

 

ジャニーズjr時代の下積みがいかに大変なのかが

 

よくわかる

そんな中山田涼介さんに勇気を与えたのが先輩があの人

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事