【サポーター落胆】FWニール・モペイ選手GKもいない”超至近距離”にも関わらず豪快なシュートミス

イングランドのチャンピオンシップ「カーディフ対ブレントフォード」

 

で史上で最も、とんでもないシュートミスがあったと話題に

ブレントフォードが前線から相手ペナルティエリア手前で

ボールを奪うと、飛び出してきた相手GKもパスでかわす

そのボールを受けたFWニール・モペイ選手は

 

GKもいない無人のゴールに対して、

 

超至近距離だったにもかかわらず

 

思い切りゴール左へ外してしまった。

相手選手がゴールのカバーに入ってきたので、動揺したのか?

それとも、狙い過ぎたのか?

 

冷静にシュートすれば良かっただけなのだが、

 

とんでもない距離から外してしまった。

サポーターもこれにはガッカリ・・・・

さらに、この日。チームは0-2で敗れ

散々な一日となった

 

その映像がコチラ

 

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事