72時間テレビフィナーレで香取さん、稲垣さん、草なぎさんの”涙の真相

72時間テレビフィナーレで香取さん、稲垣さん、草なぎさんの”涙の真相

 

2017年11月2日から11月5日にかけてAbemaTVで放送された「72時間ホンネテレビ」

72時間ぶっつづけ生放送という、前代未聞の番組で元SMAP草なぎ、香取、稲垣さんが

出演し、放送前から大きな反響を呼んだ

 

そんななか、感動のフィナーレで72曲メドレーを披露し

見事に走りぬいた

その後、各出演者からのメッセージで

3人は号泣。

あの時の真相が明かされた

 

以下引用

 

香取「何だろうな…72時間の思い全てが…。僕は歌っている最中からグッとくる部分があって。歌を乗り切らなきゃとか、歌い切れるかな、喉が痛いなって思いながら歌っていたのに、歌の力というか、歌詞に今の自分の状況を重ね合わせてしまって。それでグッときちゃってるけど、いやいや、そんなことよりも歌い切りたい、という思いがぶつかり合ったり。それに、ゲストの皆さんからメッセージVTRもありましたし。この状況で来てくださったゲストの方への感謝をどう返したらいいのかと思ってたのに、コメントをいただいてたのも知らなくて。吾郎ちゃんとつよぽんも、あのメッセージがあるって知らなかったでしょ?」

草なぎ「そうね」

稲垣「うん」

香取「来てくださっただけでもありがたいのに『頑張ってください』と言っていただいて、ちょっとやられちゃったなって」

草なぎ「そう…いろんな気持ちがあったね。本当に、新しい第一歩だったので。3人で72時間の最後にライブをやる、しかもステージに立つのは久しぶりで。初めての3人のステージということで、僕らが他のアーティストの曲をこんなに歌うなんて、前代未聞だと思うし、

次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事