【コーディネートの秘訣】色の持つ心理効果

出典:https://shikakuchallenge.com/

【コーディネートの秘訣】色の持つ心理効果

 

皆さんこんにちは

人は、色によって、様々な心理効果が生まれます

 

服のコーディネート、料理の色合い、POPの配色はど

今一度、色の心理効果をおさらいしてみましょう

 

オレンジ

見た人が男女を問わず好印象を持つ色は、オレンジ色

暖色系の色は人によって好みが分かれますが

オレンジ色は嫌う人が少なく好意的に見られています。

身につけていると、「話しやすい」「明るい人」と印象づけることがでる

 

ピンク

イメージの通り女性性を象徴する色

争いごとを回避させてくれる効果もある

それだけでなくピンクは

卵巣ホルモンに働きかけて、ホルモンを分泌させ、

脳に刺激を与えたり、女性ホルモンの分泌を助けます。

ホワイト

信頼感や清潔感といったイメージを与えるので高い好感度があり

白の服は人に若々しい印象を与えます。

ただし、明度がもっとも高いことで目の錯覚をおこし、

 

膨張して太って見えるといった特徴もあります

 

ブラック

高級感や重圧感をもたらすので、

相手になめられたくない場面や拒否や拒絶を

相手に与えたい場合に使えます

しかし

神秘的な雰囲気を感じさせる色ですが

他の色に比べて負のイメージが潜在的にあります。

黒の良さを理解し取り入れることができれば、

スタイリッシュにみせることができますよ

次ページへ続きます


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事