堺雅人さん、堤真一さんの極貧生活エピソードを語る

出典:https://hlo.tohotheater.jp

堺雅人さん、堤真一さんの極貧生活エピソード

TBS系「ぴったんこカン・カン」で、俳優の堤真一さんと、堺雅人さんが

極貧生活時代のエピソードを告白した

 

堤真一さんの極貧生活

番組では、安住紳一郎アナウンサーが堤さんたちと笹塚を散策

 

 

堤さんは30年前に笹塚で家賃2万の四畳半アパートに住んでいたという

 

堤さんは、すぐに引っ越すつもりだったが、

 

結果的に7年も生活

 

次々と貧乏エピソードを披露していた。

スポンサードリンク

 

堤さんは夏場にクーラーも扇風機もなかった為

 

「そのとき、人は何をするか。畳四畳半に水を…(撒く)」

 

と室内で打ち水をしたと告白

 

堤さんは、あまりの暑さについ気分でやってしまった行動だという。

畳は水浸しとなり、放置していた畳にカビが生えてきたそう。

 

当時、万年床の状態が長く続き、久々に布団を畳んだ時

 

「布団を畳んだらキノコが…食べていいかどうかもわからないキノコが…」

 

 

と、ラーメンに入れようかな?

 

と思うくらいのキノコが繁殖していたということだ。

打ち水した結果・・・・キノコが映える

 

絶対食べたらダメなものですね

 

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事