【星野源ANNで語る】逃げ恥第7話で平匡さんがみくりを拒否した真相とは!? | 芸能・雑学.com - Part 2

【星野源ANNで語る】逃げ恥第7話で平匡さんがみくりを拒否した真相とは!?

7話の中で

平匡さんが

「沼田さんって鋭い人だと思ってました。

男性と女性のどっちの視点も持っているから」

日野さん、風見さんが

「いや、違いますよ。沼田さんは沼田さんなんですよ」

「『芸』だから男と女どっちの感情も持っているわけではないですよ」

と言う話に

平匡さんが

「自分は決めつけられるのが嫌なくせに

どうして人はレッテルを貼ってしまうのだろう」と

反省するというシーンがある

 

その後、7話のラストにたどり着く

 

逃げ恥を見たリスナーは

「男なのになにやってんの?」

「女性からのそういう誘いに男がなぜ断る」

と、激怒のメールが届いており

 

スポンサードリンク

 

 

 

源さんが伝えたい逃げ恥の面白さ

 

源さんは「みくりさんと平匡さんは

 

男に生まれたからどうとか、女に生まれたからどうとか

 

2人が苦しんできたレッテルと全く一緒なんですよね」

 

「(逃げ恥を見ている人が)そういうふうに

 

攻めてしまうということは、

 

平匡さん、みくりさんを始めみんなが苦しんでいるのを

 

前向きに頑張っているのがすごく素敵なドラマ

 

なぜ、みんながこんなに苦しんでいるか?

 

っていう一番大事なところを視聴者が思ってしまう

 

っていうのが、7話のエンディングの面白いところ」

 

源さんはたとえ話として

 

男女を反転させるだけで、視聴者は怒りを感じないんです

 

いままで彼氏がいなかった女性に対して

 

男性が「いいですよ、あなたとならしても」と話した時の

 

感情って全然違う

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事