【感動】20年前 木村さんから中居さんへの手紙が泣ける | 芸能・雑学.com

【感動】20年前 木村さんから中居さんへの手紙が泣ける

20年前 木村さんから中居さんへの手紙が泣ける

1996年12月25日、中居さんが24時間パーソナリティーを務めた

「ラジオチャリティーミュージックソン」で、

ゲスト出演した木村さんからが中居さん君宛てに読んだ手紙が

当時ファンの間で話題を呼びました

 

木村拓哉さんが中居さんに当てた手紙がコチラ

 

9年前、僕はSMAPという、一台のバスに乗りました。

そのバスのなかで、友達と知り合った。僕は15歳。一番年下の香取慎吾というやつはまだ小学生だった。

そんな友達と交代交代でバスを運転しながら、ずっと走ってきた。すごく、長い道だった。すごい速さで、景色がかわっていった。

バスが途中で道を間違えたり、ガス欠になって止まったり、皆でバスを降りて手で押したこともあった。 皆たまにバスをおりていくこともあったけれど、必ずまたバスに戻ってくる。みんな戻ってくるときは、必ず新しい何かを見つけて帰ってきた。それを見るたび、友達がライバルに感じることもあったし、たのもしく感じたりすることもあった。

僕もバスをおりたときは、いろんな友達と出会ったし、いろんなことを教わった。友達は、年とともにかわっていく。でも恋人は別れてしまえば恋人じゃあないけれど、友達は、何年ぶりに会っても、まだ友達でいられる。

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事