KEIKOと星野源クモ膜下出血で倒れた現在の違いの差がなぜここまで違うのか? | 芸能・雑学.com

KEIKOと星野源クモ膜下出血で倒れた現在の違いの差がなぜここまで違うのか?

KEIKOと星野源クモ膜下出血で倒れた現在の違いの差がなぜここまで違うのか?

星野源

 

星野 源は、日本の音楽家、俳優、文筆家。
埼玉県蕨市生まれ、川口市育ち。 
インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」の
リーダーとして、主にギターとマリンバを
担当していたほか、エッセイストやコラムニストとしての
顔も持ち、複数の連載や刊行物を著しているマルチタレントである。

生年月日: 1981年1月28日 
生まれ: 埼玉県 蕨市
身長: 168 cm
TV/映画: 箱入り息子の恋、
2012年12月22日、くも膜下出血と診断されたため、活動を休止

KEIKO

引用:https://img.cinematoday.jp

KEIKOは、日本の歌手である。
エイベックス・ヴァンガード所属。
大分県臼杵市出身。
夫は同じくglobeのメンバーである小室哲哉。
音楽グループ globeのヴォーカリストとして活動、
『K-C-O』名義でソロ活動も行っていたが、
病気療養のため2011年10月より活動停止中。
血液型はA型。 
生年月日: 1972年8月18日 (45歳)
生まれ: 大分県 大分市
配偶者: 小室 哲哉 (2002年から)
両親: 山田 喜美代、 山田 晋太郎

引用: ja.wikipedia.org

スポンサードリンク

 

 

KEIKOさんは2011年にくも膜下出血で倒れる

KEIKOさんは2011年10月24日、自宅にいる際、

首の後部に激痛を訴え倒れ

病院へ緊急搬送されると「クモ膜下出血」と診断。

手術は成功し

12月8日に退院。

早期発見だったため脳に大きな損傷は無かったのですが

後遺症のである高次脳機能障害の為

療養中により、活動休止中

小室哲哉さんによると

『躁鬱で言うなら躁。前向き。ポジティブ』だが
『カラオケに連れていっても1番を歌っているうちに飽きてしまい2番までは歌わない』

『高い声の出し方を忘れたと言う』

星野源さんは2度くも膜下出血で倒れる

星野源さんは化物のレコーディングが終わった翌日に

2012年12月22日くも膜下出血と診断され

その日の夜に、動脈の管を通して行うカテーテル手術を行うことになった為

活動を休止

2013年2月28日、仕事復帰しましたが

2013年6月ごろに行った定期検査の結果、手術した箇所が万全な状態ではなく

再発。

治療に専念することになったため再び活動休止。

あまりの痛みのために『病室の窓から飛び降りたい』と考えるようになった

 

精神の“疲弊プロセス”を生々しく書いていました

当時、2度目の手術は医師から「やりたくないです」とまでいわれるほど、

難易度の高い手術だったが、

2013年9月26日、再手術が成功し退院したことを発表

現在は俳優業にもミュージシャン業にも完全復帰しています

2人のその後の差がなぜこれほどまでに違うのか?

 

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事