星野源 幼少期に「友達がいなくなった原因」が”アノ番組”のモノマネが原因だった...

星野源 幼少期に「友達がいなくなった原因」が”アノ番組”のモノマネが原因だった…

星野 源は、日本の音楽家、俳優、文筆家。
埼玉県蕨市生まれ、川口市育ち。
インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のリーダーとして、
主にギターとマリンバを担当していたほか、
エッセイストやコラムニストとしての顔も持ち、
複数の連載や刊行物を著しているマルチタレントである。 
生年月日: 1981年1月28日 
生まれ: 埼玉県 蕨市
身長: 168 cm

 

スポンサードリンク

 

星野源、幼少期に「友達がいなくなった」原因語る

先日放送された星野源のオールナイトニッポンにて

先日最終回を迎えた

フジテレビ系『みなさんのおかげでした』の思い出を振り返り

源さんは

「『おかげです』の頃から毎週見ていて、

僕もその小さい頃、小学生の頃は本当に生きるのに

必要だった番組なんですよ。

毎週木曜だったと思いますけど、

「木曜日が来るまで生きよう……」みたいな。」

と語り、小学生の時は、とにかく毎日がつらかったようです

その中で源さんはみなさんのおかげでしたに

登場する”体当たりするキャラクター”

の思いで話を始めました

 

あと、「○○じゃないのよ~~~ぉ!」とかね。

なんだっけ? ノリコみたいな、そういうの。

名前、忘れちゃった。オタクっぽい男の子の名前。

ノリオかな? 体当たりするやつ。

あれを僕、小学校の時にめちゃめちゃ真似していて。

それで友達がいなくなったっていう。

人にめちゃめちゃ体当たりして、ずっとやっていたから

全然友達がいなくなって……(笑)。

はー、ごめんなさい。ちょっとね、いまスイッチが

入ってしまいました。すいません。

と語り

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事