加齢臭の原因とは?加齢臭を発生させないために注意すべき3つの事

加齢臭の原因とは?加齢臭を発生させないために注意すべき3つの事

引用:http://jhdebranding.com/

加齢臭はなかなか自分では

 

気づきにくいものです。

 

ふと自分の枕に顔をうずめてみたり、

 

シャツの襟を嗅いでみてください。

 

何かニオイませんか?

 

その正体は加齢臭かもしれません!

 

加齢臭は一般的に男女共に40代ごろに

 

感じ始める方が多いです。

 

この加齢臭の原因は

 

「ノネナール」とよばれる物質が原因のひとつだと

 

考えられ研究されています。

 

ノネナールは皮脂の成分が酸化することで

 

発生します。

 

その特徴的な臭いは

 

脂臭い

 

カビ臭い

 

青臭いといったように

 

古びた臭いで

 

人によって違うようです

 

満員電車の中で香ってくると辛いですよね…

 

こちらでは加齢臭の原因のノネナールについて解説していきます。

 

加齢臭の原因ノネナールの発生の仕組み

加齢臭の原因であるノネナールは、皮脂に含まれる

 

オメガ7不飽和脂肪酸が

 

酸化することにより発生します。

 

さらに、オメガ7不飽和脂肪酸は

 

加齢により増加するため、加齢臭とよばれます。

 

また、オメガ7不飽和脂肪酸は加齢だけでなく、

 

肉などの脂っこい食事ばかり摂ると増加し、

 

ストレスや喫煙により

 

ビタミンCが不足すると

 

体内の活性酸素の発生が増え、

 

過酸化脂質が増えるため

 

オメガ7不飽和脂肪酸の酸化も激しくなるため、

 

生活習慣の乱れによって発生するとも考えられています。

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事