その腰痛は、がんかも!?意外と怖い腰痛の症状と対処方法

 

 

悪性腫瘍の場合の腰痛症状

がんが腰のあたりで発生したり転移したりすると、

 

腰痛のような症状がでたりします。

 

例えば、大腸、肝臓、すい臓の腫瘍の悪性腫瘍です。

 

年齢が50才以上、体重減少、痛みが

 

4から6週間以上続く、

 

安静にしてもいたみが引かないなどです。

 

 

 

 

感染症が原因の場合、

 

化膿性脊椎炎、背骨が細菌に感染して起こります。

 

発熱、腰痛、手足の麻痺などです。

 

薬物による静脈注射の濫用、

 

背中の激しい痛み、細菌感染、

 

尿路感染、腎炎、肺炎、ステロイド、

 

免疫抑制剤の使用、結核などです。

 

強直脊椎炎に関して日本人の発症頻度は、

 

0.007%から0.04%となっており原因は不明です。

 

年齢が40才以下、発症するのは、10才から35才、

 

特に男性です。

 

徐々に痛みが出てくる。

 

3ヶ月以上いたみが続いている。

 

運動することによって症状が緩和するなどです。

(↓)次ページボタンへ(↓)


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事