ダイエット時に心がけたいこと

ダイエットをするならば、過剰なカロリーは摂取しないように

 

気をつけるべきです。

 

人の基礎代謝は10代半ばを過ぎると、

 

だんだん低くくなるものなのです。

 

若いときと変わらない食事の摂り方を続けていることが原因で、

 

カロリーをとりすぎている人は、

 

成人を過ぎるととたんに太り始めることがあります。

 

脂肪燃焼ダイエットでは大雑把でもカロリー計算をして、

 

必要以上のカロリーを摂らないようにしましょう。

 

脂肪燃焼のための運動を継続していると、

 

途中で体重が減らなくなるようなときがあります。

 

これは体が消費エネルギーを無駄に

 

使うまいとするために起こるもので、適応現象というのです。

 

適応現象は数週間で終わりますが、

 

この時点でダイエットを中断したり、食事の量を元に戻したりすると

 

脂肪燃焼が止まり、体脂肪が逆に増加します。

 

これがリバウンドと呼ばれる現象です。

 

それから、有酸素運動の前後でもし水分を摂らないと

 

汗の量が減ってしまい、体温調節もきちんとできなくなるので、

 

脂肪燃焼ダイエットとしての運動では、

 

十分な水分摂取は非常に大切なことなのです。

 

水を飲むだけで太るということばは真実ではなく、

 

脂肪燃焼ダイエット中はカロリーの高いものは

 

口にしないようにすればいいのです。

 

ポテトチップスのような油を使ったスナック菓子は、

 

カロリーも相当高いので、できるだけ控えるようにしましょう。

 

絶対食べないと決めてしまうのもストレスになるばかりなので、

 

たとえばたまには食べていい、でも少しだけ、

 

というふうに工夫するようにしましょう。


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事