背中の脂肪に気をつけよう

自分では見にくい背中には、気がつかないうちに

 

少しずつ脂肪が蓄積されます。

 

人から案外見られていて印象を左右するのが後姿です。

 

自分では見えないので、あまり気にすることが少なくなりがちですが、

 

よくぴっちりしたTシャツの背に、

 

ブラジャーからはみ出しているお肉が

 

はっきり見えていたりすることもあります。

 

おしゃれをしていても、これはいただけません。

 

そのうえ脂肪が背中について、丸まって猫背になっている人がいますが、

 

これは老けて見えてしまいます。

 

その反対で若々しく見られる人は、姿勢がよく、

 

背中にだぶついたよけいな脂肪が無くすっきりとしています。

 

また余分な脂肪が背中についてしまうと、

 

腰痛や肩こりの原因にもなります。

 

一度脂肪がついてしまうと、背中の場合は手や足のように

 

動かすことが少ないのでなかなか取ることができません。

 

大切なのは姿勢を良くすることです。

 

日頃から背筋をしゃんと伸ばして歩きましょう。

 

背中の脂肪をつきにくくするには、

 

いつも背中を意識することが大切です。

 

一度ついてしまった背中の脂肪はなかなか取り除けません。

 

日ごろから家事をするときなどに、

 

背中を伸ばしてきびきび動けば、

 

脂肪を寄せ付けるのを防げるのです。


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事