メタボリックシンドロームとは・・・?

内蔵に脂肪が蓄積すると糖尿病、高脂血症、

 

そして肥満症や高血圧、などの生活習慣病が起こりやすくなりますが、

 

このような状態のことを

 

メタボリックシンドロームといっています。

 

これらの病気は同時に発症することが多く、

 

そして重複すればするほど動脈硬化に

 

なりやすくなってしまいます。

 

日本人の三大死因といわれている病気は

 

がん、脳卒中そして心臓病になっています。

 

その中の心臓病と脳卒中が入っている、

 

いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。

 

メタボリックシンドロームを予防すると、

 

そんな生活習慣病までも予防することにつながるのです。

 

メタボリックシンドロームの基準には、

 

2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、

 

女性は腹囲90cm以上と発表されました。

 

それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上

 

またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上

 

という基準が含まれるのです。

 

しかしながらその基準値は、日本とWHO、またアメリカでも

 

それぞれ違っているのです。

 

しかもその予防法は、基準値自体で必ずしも

 

はっきり判断できるといいきれるわけではないため

 

様々に分かれています。

 

メタボリックシンドロームの人がかかりやすいと考えられている

 

糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は医療費の約30%を占めています。

 

事態を重く見た厚生省は、

 

予防のためにも生活習慣病患者とその予備軍を

 

2015年までに25%減らす目標を掲げました。

 

このような経緯で、メタボリックシンドロームを

 

予防するための保健指導が開始されることになったのです。


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事