ダイエットと食事方法について

ダイエットで真っ先に気をつけなければならないのは食事です。

 

ではどのように1日の食事の摂り方を改善し、

 

どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

 

人間は砂糖を摂取するとインシュリンの分泌が活発になります。

 

ですからダイエットをするときには食事の時に

 

砂糖と脂肪を一緒に摂らないことが大切です。

 

インシュリンの分泌が活発になると、脂肪が分解されず

 

体に蓄積されやすくなります。

 

そして体脂肪がどんどん体にたまってしまうのです。

 

そういう理由からダイエットを考えている人は

 

ソフトドリンクや甘いものを食後に摂取するのは

 

避けるようにしましょう。

 

けれどダイエット中でも食事朝2、昼3、夕1くらいの割合で

 

きちんと3食摂るようにしなければいけません。

 

朝食は体のエンジンをかけるために重要なものなので

 

朝食を抜いてしまうと体温がなかなか上がらず

 

血流が悪くなり脳細胞の動きが鈍くなってしまいます。

 

朝ごはんのメニューにおすすめなのは

 

たんぱく質を摂るものです。

 

ダイエット中は朝食でたんぱく質を摂りましょう。

 

昼食では1日のうちで一番エネルギーを摂取する必要があります。

 

バランスの良い食事をしっかりと摂りましょう。

 

そうはいってもダイエットをしているわけですから、

 

カロリーの高いものはおすすめできません。

 

バランスの良い和定食などが良いかもしれません。

 

夕食のメニューは野菜やたんぱく質を中心にして、

 

脂肪を極力避けたメニューにするようにしましょう。

 

なぜなら脂肪は夜眠っている間に最も活発に蓄積されるからです。

 

夕食は1日のうちで一番軽めにするようにしましょう。

 

食事の後の運動はインシュリンの分泌を抑制する効果があります。

 

ですからダイエット中は夕食後に脂肪を燃焼するような運動を

 

することをおすすめします。

 

このように食事の摂り方に気をつけながら、

 

しっかりと栄養をとるようにしましょう。

 

そして夕食後の軽い運動を取り入れて

 

ダイエットにチャレンジしてみましょう。


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事