【衝撃】ノストラダムスのまだ有効な5つの予言が怖い! 人類滅亡…

ノストラダムス

出典: blogimg.goo.ne.jp

ミシェル・ノストラダムスは、ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。
また料理研究の著作も著している。
日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。
彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきた。 
生年月日: 1503年12月14日
生まれ: フランス サン=レミ=ド=プロヴァンス
死亡: 1566年7月2日, フランス サロン=ド=プロヴァンス
本名: Michel de Nostredame
子供: セザール・ド・ノートルダム、 マドレーヌ・ド・ノートルダム

出典: ja.wikipedia.org

【衝撃】ノストラダムスのまだ有効な5つの予言が怖い! 人類滅亡…2018年に現実化?

ノストラダムスと言えば、

「ノストラダムスの大予言」とし、

1999年の7月に人類の滅亡が

予言されていると話題になりました。

この話題はテレビで取り上げられるほど

これを読んでいる皆さんの記憶にも新しいのでは?

そんなノストラダムスの大予言は

外れましたが、実は

2018年以降に実現する

ノストラダムスの予言をご紹介。

人間の寿命が200歳になる

出典: s.eximg.jp

「医療の進歩により、寿命は200歳まで延びる。80歳であっても50歳の見た目となるだろう」

現在、世界では、寿命を延ばす研究に

力を入れています。

現時点で、世界最高齢は122歳。

こうした事から寿命を200歳にすることは

可能かもしれません。

言語の差異が消滅

出典: www.siruzou.jp

「新しいエンジン(モーター)が開発され、世界はバベルの塔以前のようになるだろう

『旧約聖書』によると、

天にまで届く高さのバベルの塔を建設しようとした

人間の傲慢さに神が怒り、

コミュニケーション不全に陥らせるために、

それまで1つだった言語を複数にしてしまった、

と言われている。

しかし、今後、PCなどの技術の発展により

言語の壁が完全になくなることを予言

しているのかもしれない。

放射線が大地を焼く

「王が森を盗み、空が開け、大地は熱で焼け焦げる」

熱帯雨林破壊に伴いオゾン層が破壊され、

紫外線や他の有害放射線が大地に降り注ぐ

もしくは、地球温暖化を指している

と言われています。

環境破壊や地球温暖化は人類を滅亡に導くと

考える研究者もいることから、

ノストラダムスの人類滅亡予言

と解釈する人も。

世界経済の崩壊

出典: snjpn.net

「金持ちは幾度となく死に絶える」


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事