ヴォイニッチ手稿がついに解読!!世界一謎が多いと言われた本の内容は?


ヴォイニッチ手稿とは・・・?

1912年に古書収集家のウィルフリッド・ヴォイニッチがイタリアで発見した手書きの古文書。

しかしこの古文書は解読不明の文字で書かれた文章と挿絵で構成されており、誰が書いたものかも不明。

いままでに暗号解読者や言語学者などの専門家が解読を試みるも、解読に失敗し、この手稿の内容は謎に包まれたままでした。

そんな中、今回ブリストル大学の言語学者ジェラード・チェシャー博士が解読した内容がかなり信ぴょう性が高いと評価されています。


ジェラード・チェシャー博士が解読したヴィイニッチ手稿の内容は・・・?

ジェラード・チェシャー博士 は現在では使われていないプロト・ロマンス祖語という古代ローマ帝国で使われた口語で書かれていると解読

博士が注目したのは、 ロマンス祖語の特徴である

アルファベットに見慣れぬ記号とよく知られた記号が組み合わされている点

句読点はなく、いくつかの文字に句読点やアクセントを示す記号が含まれていることや

文字はどれも小文字であり、二重子音がないこと

二重母音や三重母音はおろか、四重母音や略語としての五重母音がある点

 が手稿に見られたという

博士は

「プロト・ロマンスは中世の地中海でも使われていたのに、口語だったから記録に残らなかった“失われた言語”で、その重要な文書。ヴォイニッチ手稿の内容は薬草療法、入浴治療、性に関する占星術、女性の心の問題、子育てに関する情報が含まれている。ドミニコ会の修道女によって、アラゴン王国(現在のスペイン・アラゴン州に11~18世紀に実在)の女王マリアのために編集された本のようです」

と解析したそうです。

ロマンス祖語は絶滅した言語で、話し言葉として使用されており

文字の形で残されなかったんだとか

 もし、博士の解読が正しければ、ヴォイニッチ手稿はロマンス祖語を現代に伝えるものとして、言語学の分野でも貴重な資料ということになります

ヴォイニッチ手稿に関する続報が楽しみですね!


兄弟サイト(面白動画紹介中!)

関連記事